初心者でも理解できる!アンティーク家具の豆知識やお手入れの疑問をご紹介します!

アンティーク家具の日ごろから行うお手入れ方法とは?

アンティーク家具の歴史は日本よりも海外から輸入されている割合が多くあるのは、住宅事情や気候などが大いに関係があります。
高温多湿で和室の文化を持っており、家具はタンスが主流であったために日本では現在の生活様式で使えるアンティーク家具があまり残っておりません。
リメイクをすることでタンスをチェストに変更したり、システムデスクなどにリノベーションすることもありますが一例に過ぎません。
海外ではインテリアも財産と言う価値観が根強いために、手作業で丹念に作られた家具を代々使うことも珍しくないのです。
日本ほど寒暖差が激しくなく湿度も高くはない地域ならば、数十年前の家具でも現役で使うことが出来ます。
日本に持ってきたら寒暖差で割れてしまったり、カビなどが発生することもあるぐらいなのです。
アンティーク家具のお手入れは割れを防ぐために、ウッドオイルや保革オイルなどを使いながら素材に適した乾燥対策が必要になります。
直射日光が当たらないように置き場所を工夫することも忘れてはいけません。

アンティーク家具のお手入れですべきは乾拭き

アンティーク家具のお手入れは難しそうで、下手をすると傷める恐れがあるのが心理的なハードルだといえるのではないでしょうか。
アンティーク家具は基本的に、乾拭きをすれば十分にお手入れになりますが、これは明らかな傷みが見られない場合に限られます。
例えば木製で表面がささくれていたり、手で触れると引っ掛かりを覚えるアンティーク家具には不向きです。
そういう状態のものはまず、お手入れよりもメンテナンスが先ですし、問題なく乾拭きできる程度に状態を改善したいところです。
水拭きは素材によっては可能ですが、洗剤を使うのは避けた方が良いです。
洗剤は油分を取り除いてしまうばかりか、表面を変質させてしまう恐れがあるので、使わないのが基本です。
うっかり付着させてしまった場合は速やかに水で拭き取り、水分を拭き上げて乾燥させる必要があります。
アンティーク家具はゴシゴシと綺麗にするよりも、優しく丁寧に扱ったり、直射日光や温風などに当てないことの方が大事ではないでしょうか。

アンティーク家具に関する情報サイト
アンティーク家具を知ろう

当サイトは初心者でも理解できる、アンティーク家具の豆知識やお手入れの疑問をご紹介しています。これからアンティークの家具を手に入れたいという人にもお勧め出来る内容です。アンティークの家具の日ごろから行うお手入れ方法の情報も解説しているので、良い状態を保たせるためにもぜひ参考にしてみてください。それから骨董家具の保管や、維持で日ごろから気を付けることにも触れています。普段から気を付けたいことが分かりやすいです。

Search