初心者でも理解できる!アンティーク家具の豆知識やお手入れの疑問をご紹介します!

アンティーク家具の保管や維持で日ごろから気を付けることは?

アンティーク家具の保管に対して適切に実行しておくことは重要といえるため、ある程度手入れ方法やおいておく場所の湿度・温度・直射日光などについて考えておくことが必要です。
特に直射日光や湿気の多い場所に設置することを避け、適切に温度管理ができる場所に置くことが重要となります。
また、定期的に天然樹脂でできている塗料やワックスを使用して磨くことが重要であり、天然樹脂でできている物を購入することが必要です。
天然樹脂でできているワックスとして有名なのは蜜蠟となります。
蜜蝋はオンラインストアで販売されているため、入手は比較的容易です。
ワックスを塗る道具に関しては古くなったタオルや100円ストアで販売されているようなスポンジ、動物の毛でつくられているブラシなどを利用することが重要です。
タオルだけではなく、穴の開いた靴下のような柔らかい布を用意することになります。
定期的に蜜ろうをアンティーク家具に着けて正しい方法で磨くことで、家具は美しさを保つことが可能です。
磨くことを忘れずに大切にすることが重要となります。

アンティーク家具に備わる湿度調整とはなにか

アンティーク家具は素材の特性上、湿気を吸ったり放出する、湿度調整の機能が備わるといえるのではないでしょうか。
これは木製のアンティーク家具に限られますが、湿気の多い環境では空気中の水分を吸着して、空気が乾燥すると今度は放出する特徴があります。
呼吸しているともいえますし、自然に一定の湿度を保とうとするので、湿気を嫌う物の保管に向いているわけです。
特にこの傾向が強いのはいわゆる無垢材が使われているアンティーク家具で、表面になにも塗られていないかコーティングが最小限なことから、湿度調整が働きやすいといえます。
逆に考えると、無垢材でもオイルやワックスを厚く塗れば、呼吸が妨げられるので湿気の吸着や放出が起こりにくくなります。
そのようなアンティーク家具は、湿度の高い環境だと表面に結露したり、カビが生えやすくなるので注意です。
長期間水分を吸着し続けるのも良くないので、天気の良い日に窓を開けて乾いた空気を取り入れたり、換気をすることが大切ではないでしょうか。

アンティーク家具に関する情報サイト
アンティーク家具を知ろう

当サイトは初心者でも理解できる、アンティーク家具の豆知識やお手入れの疑問をご紹介しています。これからアンティークの家具を手に入れたいという人にもお勧め出来る内容です。アンティークの家具の日ごろから行うお手入れ方法の情報も解説しているので、良い状態を保たせるためにもぜひ参考にしてみてください。それから骨董家具の保管や、維持で日ごろから気を付けることにも触れています。普段から気を付けたいことが分かりやすいです。

Search