初心者でも理解できる!アンティーク家具の豆知識やお手入れの疑問をご紹介します!

当サイトは初心者でも理解できる、アンティーク家具の豆知識やお手入れの疑問をご紹介しています。
これからアンティークの家具を手に入れたいという人にもお勧め出来る内容です。
アンティークの家具の日ごろから行うお手入れ方法の情報も解説しているので、良い状態を保たせるためにもぜひ参考にしてみてください。
それから骨董家具の保管や、維持で日ごろから気を付けることにも触れています。
普段から気を付けたいことが分かりやすいです。

初心者でも理解できる!アンティーク家具の豆知識やお手入れの疑問をご紹介します!

アンティーク家具に興味があるけれど難しそうだというイメージを持っている人もいるのではないでしょうか。
ここではそのような人にお勧めの豆知識をご紹介します。
木製のアンティーク家具は、直射日光が当たらない場所に置くのがおすすめです。
また湿気が多すぎたりエアコンの風が当たるところも避けて設置します。
そして基本的には乾拭きをすることでお手入れをします。
必要に応じてオイルやワックスでメンテナンスをすると良いでしょう。

アンティーク家具の価値ある選び方で重要なのは希少性の1920年以前のものを選ぼう!

アンティークとは、まだ機械化されていない時代に、人の手によって大切に作られて現代まで使い続けられてきたもののことを言います。
最近は日本にも多く輸入されているアンティーク家具ですが、中でも選び方として注目したいのが1920年以前の様式のものです。
この年代のものは本物のアンティークと呼ばれていて、1500年半ばから1900年初期に作られた家具のほとんどをいいます。
1800年代半ばから1900年初頭のビクトリア様式で、素材はマホガニー材とウォールナット材の、色は落ち着きのある綺麗なエンジ色、そして繊細なデザインと品のある雰囲気を醸し出しています。
中世のゴシックとルネッサンスとバロック、ロココやネオクラシックなどの装飾を基調にしたスタイルで、いろいろな様式を取り入れていることも特徴です。
アンティーク家具の良さは、なんといっても再生可能なつくりであることで、その都度手をかけて直せばまた新しい家具のように生まれ変わるのです。
大切に使えば風格や落ち着きも増し、この先100年、200年まで永遠に愛される家具になるでしょう。

しっかり理解しよう!アンティーク家具とは100年を経過していることが必要絶対条件!

アンティークやヴィンテージについて詳しくない人は、使われている用語に戸惑うこともあるかもしれません。
よくある混乱ポイントのひとつは、何がアンティーク家具で何がヴィンテージなのか、その違いを理解することです。
厳密な意味で両者の違いは、その年代です。
アンティーク家具は、少なくとも100年以上前のものでなければなりません。
つまり1922年以前に製造されたものを呼んでいます。
この100年以上というルールはどんなものであっても適用されます。
ヴィンテージはアンティークほど古くはありません。
定義は異なりより主観的なものです。
言葉は文字通り年代物という意味で、様々な解釈が可能です。
多くの古物商は少なくとも40年以上前のものをヴィンテージとみなしています。
多くのヴィンテージアイテムは希少性があるにもかかわらず、その年齢以外にも多くの理由で求められています。
これには装飾や収集も含まれます。
また、まだ使えるものが多いので、実用品でありながらユニークなセンスが光るものが多いのも特徴です。

混同している人が多い?!ヴィンテージとアンティーク家具の違いをはっきり理解しておこう

家具に関してアンティーク家具とヴィンテージというものがあるのを知っている人は少なくありませんが、違いがよくわからない人も多いです。
具体的な違いを理解しておくことで、購入するときに探す時間を短縮できます。
基本的に定義されているのは、アンティークの場合、西洋では1930年代前後の物を指すことが多いです。
ただし家具の場合は100年以上経過している物を呼ぶことが多いといわれています。
対してヴィンテージとは元々はワインの熟成具合を指す言葉で、熟成されているのと似たものに定義して使われるようになりました。
20年以上たっている物に関して呼ぶことが多い言葉です。
基本的にアンティーク家具のほうが古く、丁寧に手入れされていることが多いといいます。
購入するときには年代や好みのアイテムなどをチェックしてから購入したほうがいいでしょう。
探す時にもアンティーク家具だけでは希望しているアイテムにたどり着かない可能性があるため、オンラインサイトでチェックするときには注意が必要です。

アンティーク家具購入での心構え!手入れや保管をしっかり行い後世に残す役目を担うこと!

アンティーク家具のお手入れは、基本的に乾拭きだけでOKです。
定期的なメンテナンスが必要なのでは、と思う方は多いかもしれませんが、実際は違って頻繁に水拭きするとワックスが落ちたり塗膜が傷つき、汚れや傷が付きやすくなってしまいます。
しかしダイニングテーブルなど水拭きで掃除したいところは、固く絞った布巾で水拭きをして下さい。
ソファーやチェアなど布製の家具であれば、一般的な家具と同様に掃除機などの使用でよく、特別気を配る必要はありません。
ただメンテナンスを好む方は、定期的にワックスやオイルでお手入れするのも良いでしょう。
そうすることで木肌がしっとりとして味わいが出てくるからです。
またエアコンの風や直射日光や過度な湿気は避けることが大切です。
エアコンの風と直射日光は、木を乾燥させてしまい割れや変形の原因となりますし、湿度の高い場所では、カビ発生の原因になってしまいます。
さらに、普段の使用で気をつけたいこととして大切なのがシミ予防です。
天然木のテーブルの場合、冷たい飲み物が入ったグラスや熱い飲み物を入れたカップを直接上に置くと、輪染みの原因になってしまいますのでコースターを使うようにしましょう。
食事の時もランチョンマットの使用をお勧めします。
このようなお手入れをして、美しいアンティーク家具が100年先200年先まで長く愛され続けるよう、その役目をしっかりと果たす心構えをもちたいものです。

アンティーク家具に関する情報サイト
アンティーク家具を知ろう

当サイトは初心者でも理解できる、アンティーク家具の豆知識やお手入れの疑問をご紹介しています。これからアンティークの家具を手に入れたいという人にもお勧め出来る内容です。アンティークの家具の日ごろから行うお手入れ方法の情報も解説しているので、良い状態を保たせるためにもぜひ参考にしてみてください。それから骨董家具の保管や、維持で日ごろから気を付けることにも触れています。普段から気を付けたいことが分かりやすいです。

Search